市販薬でデリケートゾーンの黒ずみを解消するには

市販薬を使ったデリケートゾーンの黒ずみ解消

デリケートゾーンの黒ずみはかなり頑固なもので、これを解消させるのはなかなか難しいものです。
今までは美容クリニックで医療としての治療をしないときれいに解消させることが難しかったのですが、現在は市販薬でもデリケートゾーンの黒ずみを解消できることも難しくなくなりました。
市販薬にもシミに効果のあるものが販売されるようになり、さらにこれまでのシミに効く市販薬よりも効果が高くなっています。
デリケートゾーンの黒ずみは、その多くがメラニン色素の沈着によるものが原因なので、顔などのシミと原因は同じです。
そのため、シミに効くとされる市販薬の効果で、デリケートゾーンの黒ずみが解消できることができるようになりました。

とは言え、市販薬には成分量の規制があるので、市販薬の選択によっては思ったような効果が出ず、デリケートゾーンの黒ずみを解消するには程遠い結果になる事もあります。

デリケートゾーンの黒ずみを解消できる市販薬選び

デリケートゾーンの黒ずみを解消できる市販薬には、以下の一定の法則のようなものがあります。

  • 基本的には内服薬であること
  • 使用されている成分がビタミン主体ではないこと
  • 成分に漢方薬、あるいはシステインとビオチンが配合されていること

上記が主なデリケートゾーンの黒ずみを解消できる市販薬の法則です。
内服薬であることが基本的な条件ではありますが、外用薬でも、他の市販薬と組み合わせると強力なデリケートゾーンの黒ずみ解消効果を持つようになるものもあります。

また、成分配合量が出来るだけ多いほうが、デリケートゾーンの黒ずみを解消できる効果が高くなります。
成分によっては医薬品ではなくサプリメントとして販売されているものもありますが、市販薬のほうがシミに対する効果が出やすい組み合わせで処方されているので、効果の出やすさを求めるのなら市販薬を選択した方が良い結果が出やすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみが市販薬で解消出来ないときは

市販薬でデリケートゾーンの黒ずみが解消出来ないときは、以下のことを確認してみてください。

  • 成分にシステインやビオチンが配合されているか
  • システインの配合量が1日量で200mg以上あるか
  • 漢方薬の場合はヨクイニンが使用されているか
  • 服用開始から3ヶ月以上が経過しているか

以上を確認してみてください。
確認した上で、デリケートゾーンの黒ずみに変化がないときは

  • 市販薬の効果が薄い
  • 効果は出ているが目に見えていない
  • デリケートゾーンの黒ずみの原因がメラニン色素ではない
  • 何らかの原因で市販薬の効果が出ていなし

などの可能性を考える必要があります。
デリケートゾーンの黒ずみはかなり頑固なので、解消させるには根気が必要ではありますが、市販薬でも3ヶ月ほど服用を続ければ、完全解消は出来ずとも黒ずみが薄くなります。
どんな原因で市販薬の効果が出ないのかは個人差がありますが、基本的には日常生活に原因が潜んでいる事が多くあります。

特に座っている時間が長い、運動を全くしない、下着で締め付けていて血流が悪い、生活リズムが不規則など、不摂生や血流を悪くする行動や好意はデリケートゾーンの黒ずみの解消を妨げてしまいます。

もし、市販薬でデリケートゾーンの黒ずみがどうしても解消できないのであれば、生活の改善など、原因を特定して改善すると、市販薬の効果が出てくることがあります。
ただし、なにをしても効果が出ない、出にくいというときには美容クリニックでの治療を考慮してみてください。