You're using an old browser! Please upgrade your browser to improve your experience

ドクターヘリ運用の流れ

ドクターヘリは群馬県内の消防本部からの要請で出動します。

ドクターヘリは群馬県内の消防本部からの要請で出動し、県民の皆さんが直接呼ぶことはできません。消防本部に119通報があった時点で、大事故、大ケガ、急病(心筋梗塞、脳卒中) などの生命の危険がある場合や救急現場で早期救急診療が必要と思われる場合に、消防本部から前橋赤十字病院へのドクターヘリホットラインを使って出動を要請します。

要請方法


119番通報を受けた管轄消防指令室、または救急現場に出動した救急隊はその内容・状況から判断して、前橋赤十字病院高度救命救急センター内ドクターヘリ要請専用ホットラインの出動要請を行います。

ランデブーポイント方式


ランデブーポイントとは、「場外離着陸場」のことを言います。出来るだけ災害等の発生現場から近い場所で救急車とドクターヘリが合流するために、県内各所に設定しています。その中から消防機関が最適と判断した場所に着陸し、救急車で搬送された傷病者と合流します。

現場医療派遣


早期医療接触時間と決定的治療開始時間の短縮を目指して、救急現場から離着陸場までの患者搬送に長時間を要する時は、フライトドクター、ナースを離着陸場から救急現場に派遣します。

現場直近


現場付近に、あらかじめ設定されているランデブーポイントがない場合、救急現場近くの空き地などに安全を確認した上でドクターヘリを着陸させることもあります。それを「現場直近」と言います。

ShareThis Copy and Paste